健康長寿のパートナー

現役医療従事者。デブだった自分を実験体に、健康、美容、ダイエットに関するレアな情報やおすすめの通販を超健康ダイエットマニアの私が紹介します。

【腸活チェック】今話題の腸内フローラを調べる検査が「便ではなく尿でできる」ってホント!?病院行かずに自分で検査【格安料金】

 

健康ダイエットマニアのまめたけです。

先日の記事で腸内フローラについて説明しましたが、いったい腸内環境が良いか悪いかなんてどうやったらわかるの?


ネットで調べてみたけど


病院でしかできないの?

便が検査材料なんて少し抵抗ある・・・

すごく検査料金が高そう・・・


そんなお悩みを解消すべく、今日は簡単に自宅で腸内環境の検査ができるキットをご紹介します。

 

尿でわかる腸内環境検査「腸活チェック」

楽天市場でご覧になる方はこちら

Amazonでご覧になる方はこちら

なんと3000円!!

 

①なぜ「便」じゃなくて「尿」でわかるの?

②こんなに安いのはなぜ?

の2点を説明していきます。


①なぜ「便」じゃなくて「尿」でわかるの?

通常の腸内環境検査は「便」材料を元に腸内細菌のDNAを抽出し、遺伝子レベルで解析をし、良い菌(痩せ菌)/悪い菌(デブ菌)の割合を見ます。

しかし、【腸活チェック】は「尿」で腸内環境が好腸か不腸かがわかります。

それは、腸内の腐敗物質『インドール』が鍵を握っています。

インドール産生菌という腸内細菌の一種がインドールを作り出し、腸内環境の悪化とともに増えることがわかっています。

そして、このインドールは肝臓で『インドキシル硫酸』という物質に変わり、「尿」とともに体外へ排出されます。

すなわち、腸内の腐敗物質である『インドール』が増えれば、尿中の『インドキシル硫酸』も増えるといったように相関していると言えます。

尿中のインドキシル硫酸を測定し、この物質が多ければ腸内環境が悪いということになります。

これが「便」でなく「尿」でわかる理由です。


②こんなに安いのはなぜ?

「便」を用いた遺伝子検査は非常に高額ですが、「尿」を用いた生化学的な検査は比較的安価に測定できますので、この腸活キットが安く価格設定されてる理由です。

 

今、大流行中の腸内フローラ。

これに関するサプリメントなどがたくさん出回っていますが、実際にはどうなのか?

摂取される前と後で比べてみてもいいかもしれません。


ただ、この【腸活チェック】は「尿」を用いますので慢性腎臓病の方や生理中の方の測定は正しく結果が出ませんのでご注意ください。


もう少し詳しく知りたい。アドバイスが欲しい。良い菌(痩せ菌)/悪い菌(デブ菌)の割合はどうなってるの?

という方は「便」を用いた遺伝子検査をおすすめします。腸活キットよりも少しお値段が上がりますが、同じメーカーで以下のようなキットがあります。クリニックなどでは3万円以上するところがほとんどなどで、それに比べるとお得かと思います。

 

詳しくは下記をご覧ください。

 

あなたのお腹に痩せ菌います? / 腸内フローラ検査「スリムチェック」 

楽天市場でご覧になる方はこちら

Amazonでご覧になる方はこちら

 

腸内フローラ郵送検査「ビフィチェック」

楽天市場でご覧になる方はこちら

Amazonでご覧になる方はこちら