健康長寿のパートナー

現役医療従事者。デブだった自分を実験体に、健康、美容、ダイエットに関するレアな情報やおすすめの通販を超健康ダイエットマニアの私が紹介します。

【あの芸能人も実践】白湯ダイエットとは?気になる効果と方法を体験談を踏まえて教えます。


スーパー健康ダイエットマニアのまめたけだ。


今日はあの深田恭子さんも実践し、3ヵ月で12kgも痩せたという「白湯ダイエット」について話していこう。

f:id:kenkou-tyojyu-partner:20200316005718j:plain

ドクターXで有名な米倉涼子さんや最近雑誌やテレビで引っ張りだこの田中みな実さんも実践しているのだとか。
白湯を飲むことは健康を改善する簡単な方法といわれている。
私自身始めるにあたって、いろいろとつまずいた点や改善していった点もあるのでそこも含めて話していく。

①白湯ってお湯?何℃がベストなの?

私はまず白湯ってどこから白湯?ってとこから始まった。

そんな人のために何℃くらいがいいのかを説明する。

熱い飲み物を飲むのに何度が最適かというのを調べた研究がある。

これはコーヒーでの検証であったが、57.8°Cが最適な飲料温度だという。

この温度は火傷のリスクが少なく最も心地よい温度であることがわかっている。

しかし、温度計でもない限りはそんな正確な温度は計れない。

そんな人のために、だいたいこれぐらいかな〜という目安を伝授する。

それは、マグカップにお湯を入れて、そのマグカップを両手で持つことができ、ちょっと熱いくらい

熱すぎるようならすぐにカップから手を離すように。

温度チェックは慎重に行うこと、火傷をしてしまうぞ。

私はせっかちなので何回か熱い経験をした。

正確に温度を計りたい人はこんなのもある。

②水道水で作っても大丈夫なの?安全な作り方をご紹介

結論から言えば、水道水で作っても大丈夫だ。ただ、注意点がある。

沸騰してから10分以上は沸騰させ続けること。

でないと、トリハロメタンという発がん性のある物質が残って、白湯と一緒に飲んでしまうことになる。

トリハロメタンは、少ない時間の煮沸では除去できず、逆に少ない時間の煮沸では増えてしまう性質がある。

トリハロメタンは煮沸直後は一時的に増加するが、3分以上の煮沸で半減10分以上の煮沸でそのほとんどが消滅する。

日本の水道水は安全性が高いため、熱することでトリハロメタン濃度が増加したとしても、厚生労働省が設定した数値を下回っているため、一生飲んでも健康被害はないとされている。

しかし、私は朝一の吸収されやすい身体に有害な物質を入れたくないので、以下のような対策をとっている。

・水道水で白湯を作る場合

水道水で白湯を作る場合は、やかんで10分以上煮沸する

※電気ケトルだと煮沸した時点でそれ以上煮沸できない。ケトルでも蓋を開けてするとできる裏技があるみたいなので、それができる種類ならやってみるのもよし。

・ミネラルウォーターや浄水で白湯を作る場合

これが一番だ。

ただ、作り方が水道水とガラリと変わる。

ミネラルウォーターを煮沸するとミネラルが壊れてしまう可能性がある。煮沸させる必要もない。

少しの加熱なら大丈夫なので、やかんで60℃くらいまで加熱する。もしくはレンジで短時間チンするのでもよい。

いろいろな目的に合わせて、ミネラルウォーターの種類を変えてもいい。

→普段用

カルシウムが多めの中硬水。臓器の動きを活発にする。

→美容用

ケイ素が多めのシリカ水。コラーゲン生成を助ける作用がある。

→ダイエット用

サルフェートが多めの超硬水。サルフェートはマグネシウムや硫酸基が結合した硫酸塩というミネラルの一種。デトックス作用がすごい。

③白湯ダイエットがもたらす4つの効果

・消化を良くし、便秘を改善する

白湯を飲むと胃腸などの内臓が温められ、動きがよくなる

早く食べ物を消化でき、排便をサポートすることにより、便秘のリスクを軽減する。

・冷え性改善・デトックス効果

白湯を飲むことで、血液やリンパの流れが良くなる

白湯は体内に吸収されやすく、利尿作用が高まり、身体の中に溜まっている老廃物を含んだ余分な水分が排出されやすくなる。

また、白湯は血管を拡張してくれる作用があり、筋肉や内臓がリラックスし、循環が良くなることで冷え性の改善にもつながる。

・体重の減少

白湯を飲むと胃腸が温まり、体温が上がると代謝が良くなる

体温が1℃上がると、基礎代謝量は10~20%上昇するといわれており、カロリーを消費しやすい身体になる。

ある研究では食事前に500mlの水を飲むと代謝が30%増加することがわかっており、温かい白湯であればもっと効果的であると思われる。

④白湯じゃないとだめ?私はこうして飲んでいる

結論、白湯じゃないとだめということはない。

暖かいコーヒーでもお茶でもいい。

しかし、朝起きて最初に飲むのは白湯にしている。

最も身体が求めている水を求めている温度で摂取する。

5〜10分ほどかけてゆっくりすすって飲む

白湯が身体に染み渡っていくのがわかるはずだ。

ダイエット時は食前に500mlの白湯をゆっくり飲んでから、食事を始めるといい。

それだけで、食べ過ぎも防げて、消化もよくなる。

代謝も上がりダイエットにも効果的だ。

 

私自身ダイエットの基礎としてこの白湯ダイエットは取り入れている。

白湯ダイエットはインドの予防医学アーユルヴェーダで身体によいとされてきた方法だ。手間は少しかかるがあまりコストもかけずに簡単に誰でもできるので、おすすめする。

 

こちらはご参考までに。