健康長寿のパートナー

現役医療従事者。デブだった自分を実験体に、健康、美容、ダイエットに関するレアな情報やおすすめの通販を超健康ダイエットマニアの私が紹介します。

【泣くほど痛い?】インフルエンザ検査の方法は鼻グリグリだけなのか?発症してからいつまでに検査する?気になる費用と時間(タイミング)をお教えします。【早すぎて再検査は嫌だ】

こんにちは!健康ダイエットマニアのまめたけです。

今日はみんな嫌がるインフルエンザの検査についてお話します。

 

もう東京ではインフルエンザで学級閉鎖になっているところがあります。

少し早いようですが、もうすぐ流行の季節がきます。

毎年かかってしまう人もいるのではないでしょうか。

f:id:kenkou-tyojyu-partner:20190919010509j:image

そこで、今回インフルエンザの検査について質問の多い下記の内容にて説明していきます。私自身、インフルエンザ流行のピーク時は毎日数十人の検査をしていますので、その経験談もふまえてお話できればと思います。

よろしくお願いいたします。

 

①なぜ鼻グリグリ?インフルエンザ検査方法の実態

②発症してから検査までの時間(タイミング)は?いつまでに検査するの?

③検査費用はいくら?

④実は求められてる!?市販の検査キット


①なぜ鼻グリグリ?インフルエンザ検査方法の実態

実は血液からもインフルエンザウィルスの抗体を調べて感染の有無を調べることはできます。

しかし、インフルエンザウィルスの抗体検査はクリニックや病院では外注しているところがほとんどで、結果が出るのにも何日もかかり、実用的ではありません。

そこで、インフルエンザ迅速検査キットです。これは、鼻から綿棒みたいなのでインフルエンザウィルスを採取し(鼻グリグリ)、キットに数滴足らすだけで5〜10分で結果がわかり、その場で診断を出せるというものです。

そのため、血液で調べる抗体検査よりも鼻から採取するインフルエンザ迅速検査キットがよく使われています

実はインフルエンザ迅速検査キットは口(咽頭)からも採取できるのですが、鼻からの採取に比べ、感度が悪く検査結果の正確さに欠けます。

そのため、鼻からしかできないのではなく、鼻からしかやらないのです。

痛くて泣くということもよく聞きますが、泣くというよりかは、鼻の中に涙に通じる道があるのでそこが刺激されて涙が出てくるという感じの方が多いです。

痛くないとは言いきれません。痛がる方もいますし、ムズムズしてくしゃみをされる方もいます。子供は泣いて暴れます。。。

 

②発症してから検査するまでのタイミングは?いつまでに検査するの?

発症してから6時間以上は経ってから検査をするのがいいです。

しかしその中には症状的には疑わしいが、検査キットでは陰性と出て再検査となる方もいます。

ちょっと関節が痛いな〜くらいでは陰性と出る可能性もありますので、個人的には発熱してから半日経って検査をするくらいがよいのかもしれません。

いつまでに検査するかは、早過ぎてもだめですし、遅過ぎてもだめです。たまに5日前から症状があって・・・と来院される方もいらっしゃいますが、それは遅すぎます。

周りの人にうつさないためにも、流行ピーク時は症状が出てから半日経ったらすぐに検査をすることをおすすめします。

 

③検査費用はいくら?

初診料・診察料などを含めるのであればだいたい2千〜3千円くらいです。プラスお薬代がかかります。ただし、保険3割負担の金額で、自費の場合はこれの約3倍かかります。


④実は求められてる!?市販のインフルエンザ検査キット

インフルエンザの検査キットで検索すると市販や薬局、個人輸入といったキーワードがセットで出てきます。

「自分でやった方が痛くない」「病院行って待つのが嫌」「もっと手軽にパッと検査したい」といった気持ちからなのか?

その真意は定かではないが、残念ながら市販では手に入りません

個人的には市販は賛成ですが、医療業界はそうもいきません。

ここでいう鼻グリグリは検体採取という医療行為です。

意外と鼻グリグリも難しく、ただ突っ込んでるだけではないので、そこがなんとも言えません。

もし市販で売られることになれば、工夫によっては医療機関の混雑も少しは緩和するのでは・・と思う反面、間違った検査法で感染者が増えることも・・・と思ったりする今日この頃でした。


P.S.

インフルエンザ検査はできませんが、市販のキットで自分で自分の体を検査をするというのは、少しずつ可能になってきています。

興味のある方はこちらをご覧ください。

『血液検査』は病院以外でもできる?「スマホ de ドック」や「DEMECAL(デメカル)」は自分でできる『血液検査』だった!失敗の有無や検査データの精度は?【引きこもり健診】 - 健康長寿のパートナー